仕事と家庭を大事にしつつ、あまった時間で貯金と投資するブログ
海外がやって来た
2017年03月27日 (月) | 編集 |
語学能力はないと履歴書にしっかり書いたのに
会社の組織再編で
海外スタッフとの仕事が始まる

えいご苦手

もと国際チームの同僚(帰国子女)に助けられる

スポンサーサイト

↑↑押してくれたらうれしいな⇒
ソーシャルレンディングですみません
2017年03月26日 (日) | 編集 |


みんなのクレジットがポンジスキーム、つまり詐欺かもしれないと話題になっている。
まだグレーゾーンなので、どうなるかはわからない。

自分は、みんクレの高額なキャッシュバックキャンペーン乱発にドン引きし、投資対象の視野に入っていなかった。

ブログやツイッターで「ソーシャルレンディング(SL)」を、まとめて釣り投資、怪しい投資として批判しているネタも出ている。
チキンな自分の気持ちは、SLに出資してすみません、という、後ろめたいメンタルである。

今、自分で運用中なのはマネオ10万円、LCレンデイング20万円×2、SBISL30万円。
利益分のみ運用する、ただSLだけど、なんか居心地悪い感じ。
この騒動で知ったのは、SLの業者があぶないと、運用前で口座に待機している資金も、自分に払い戻しするのが難しいかもしれないということ。

この騒動でSLをすることに、もやっとしたので、初心にもどってみる。

ソーシャルレンディングをするきっかけになったのは、グラミン銀行のマイクロファイナンス制度がノーベル賞をもらった記事だった。
信用リスクが低い貧困層へ、小規模な事業資金を無担保&低金利で融資をして生活の向上を手助けする内容だった。

小規模融資の実例を探したところ、今はすでにないが、maneoが個人と個人の間で少額投資をする個人向けローンファンドをやっていた。ながめていると、いくつかデフォルトが発生し、maneoの利益も低いためか、数年で消えた。

今は、maneoを含めて多くのSL業者が不動産などを担保にして、個人が小規模な融資を企業に行う投資型クラウドファンディングの形になっている。

自分のなかでは、小規模な個人融資のソーシャルレンディングは2つのタイプがある。
①グラミン銀行のマイクロファイナンス制度に近い、事業者支援型で、リスクが高そうなファンド
②不動産などの担保があって、企業に融資する不動産担保ローン

自分は①がきっかけだけど、手を出したのは②だった。
小規模な融資をして生活の向上を手助けする、という聞こえの良い、「ええかっこしい」な理由で、結局は利ざやがほしいという本心を隠すのは、すっきりしないと思った。本当に、応援するなら融資じゃなくて、寄付するよね、という気持ち。

そんなこんなで4年ぐらいソーシャルレンディングに投資して、今は半撤退したけど、マイクロファイナンス制度にはまだ、興味がある。未練なのかしら、自分でもよくわからない。

時間ができたら、ちょっと調べてみよう。


↑↑押してくれたらうれしいな⇒
同居がうまくいくのはラッキー
2017年03月24日 (金) | 編集 |


同居したら妻と義親が険悪になったり、
ダメになる話を他のブログでたくさん見る。

リアルでは、自分が周りの人に「同居するかも~」と言ったら、
同年代からは全員、すごい勢いで止められた。

で、けっきょくは義親と同居したんだけど、
その感想は、快適の一言。

夫の義親と、一軒家でしばらく完全同居している。
自分たちは2階の寝室&小リビングの一部屋を専用のスペースにしてるけど、
1階のキッチン、風呂、リビング、トイレすべて一緒。
食事、風呂なども基本は一緒、洗濯は量が多いので別々。
もとから義親が住んでいた一軒家に、自分たちが間借りしたようなイメージ。

それでも同居がうまくいっている(つもり)なのは

義親はタバコ吸わない、ギャンブルしない、
常識の感覚が自分に近い、家事掃除好き、小言&干渉なし、
年金あり(+バイト)、まじめ、口数少ない。
朝ごはん起きたら作ってある、夕飯は野菜や魚でヘルシー。
たまに保育園へのお迎え可能、孫と数時間は遊べる。

夫は一人っ子で小姑なし、持ち家は築22年のわりにきれい。
近所付き合い良好、騒音などのトラブルなし。
駅は徒歩圏内、自分たちの通勤は余裕。

たくさんあるけど、この条件は全て重要だと思う。
他の同居ブログで問題になる点はほとんどクリアーしている。

ほぼ奇跡。

条件をすべて並べたことはなかったけど、
「まあ同居してもいいかな~」
と感じた背景には、はっきりと嫌だと思うことが
なかったからなんだと、今さら思った。

自分たちで少しだけど、なんとか工夫できるのはリフォーム。

自分たちの寝室&小リビングをくつろげるようにした。
2階のトイレを最新式に、使うにも掃除にも新しいのは大切。
壁収納などで収納スペースを増やす。

まあ将来の介護とか、これは夫が一人っ子なので
どっちにしろ、避けては通れない。

同居がうまくいくのはラッキー、
仲良くしようとする気持ちだけでは解決しない、
自分の力ではどうにもできないことが多いと思う。

夫婦のどちらかが同居は嫌だと思っていたり、
もう同居は止めたいと思っていたら、
無理強いはしないで欲しいなと思う。


↑↑押してくれたらうれしいな⇒